コードバン名刺入れを厳選

ご訪問有難うございます。

コードバン名刺入れの販売情報をまとめています。

 

同僚に、上司に、そして取引先相手にビジネス力を見せるアイテムとして名刺入れは、とても重要なポイントになります。

希少かつ高級なコードバンを選ぶ貴方は、まさに意識の高い方と言って良いでしょう!

 

そこで、お選びの際のお役に立てればと思い、お勧めのコードバン名刺入れを紹介させて頂きたいと思います。

 

コードバンの種類に注目!

コードバンと言うと馬の一部からしか製造できない超希少なレザーになっておりますが、もう少しこまく見ると、さらに製造過程でいくつかの種類が分れています。

かなりの違いがありますので、しっかり特徴を理解してからお選び頂くのが賢明だと思います。

コードバンの種類別にまとめましたので、どうぞご覧ください。

◆顔料コードバン

こちらは、顔料を使用してカラーリングされるコードバンです。

コードバンの表面にペンキを塗るようなイメージで、塗装されたコードバンと言えるかと思います。

発色力に優れ、光沢感が特徴です。

⇒顔料コードバンの名刺入れ一覧へ

◆水染めコードバン

こちらは、水性の染料を使用してカラーリングされたコードバンです。

主に、アニリンと言う染料でコードバンを染めます。

色を染めるので、コードバンの革の表面は、そのまま残される仕上がりとなります。

使用過程で徐々に艶や光沢が出てくるエイジングが特徴です。

⇒水染めコードバンの名刺入れ一覧へ

◆オイルコードバン

こちらは、オイルをたっぷり含ませたコードバンです。

どの革もオイルは使用しされますが、通常よりもオイルを多く染み込ませることでしなやかさを出しています。

カラーリングは、染料を使用した水染めになります。

オイルの影響でエイジングでは、艶が多く出る特徴があります。

⇒オイルコードバンの名刺入れ一覧へ

◆シェルコードバン

こちらは、アメリカのホーウィン社で作られるコードバンです。

基本的には、オイルコードバンと同様な特徴になります。

世界的に人気を誇る、高級コードバンと言えるかと思います。

⇒シェルコードバンの名刺入れ一覧へ

◆ナチュラルコードバン

こちらは、色を付けずに仕上げたコードバンです。

飴色に変化するエイジングが特徴になります。

かなり色が変わって行きますので、最初の頃とは、別物になって行きます。

エイジングの面白さからレザー愛好家に好まれる傾向があります。

⇒ナチュラルコードバンの名刺入れ一覧へ

2018/5/9  サイトをオープンしました。